小麦胚芽油の効能

小麦胚芽油の写真

小麦の胚芽から作られる小麦胚芽油。
胚芽には油の含有量が少なく、大量生産が出来ないため、高価な油となっています。

抗酸化作用の高いビタミンEが豊富で、その栄養価の高さから、
サプリメントなどで摂取されていますが、主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、小麦胚芽油の効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

小麦胚芽油には、主にビタミンEが豊富に含まれており、また、オクタコサノールという成分も含まれています。これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

ホルモンの分泌を調整

ビタミンEは、大きく分けて、トコフェロールと、トコトリエノールがあり、
小麦胚芽油には、α-トコフェロールという種類のビタミンEが豊富に含まれています。

トコフェロールとは「子供を生ませる」という意味で、
その名の通り、ホルモンの分泌を調整し、生殖機能を正常に維持する働きがあるとされています。

これにより、生理痛、生理不順、月経前のイライラなどを改善する効果があるほか、
近年では、不妊対策や更年期障害の治療に利用されています。

老化防止

ビタミンEは、強い抗酸化作用があり、老化防止に役立つことで有名です。

鉄が酸化してサビるように、人間の体も活性酸素により老化が進みます。
ビタミンEは、活性酸素に結びつき、酸化をストップさせる働きがあります。

冷え性など、血行不良が原因の不調に有効

ビタミンEには、毛細血管を広げる働きがあり、血行を促進させる作用があります。
これにより、血行不良が原因の冷え性や頭痛、腰痛などの改善に効果があるとされています。

持久力アップ

小麦胚芽油には、オクタコサノールという成分が含まれています。
オクタコサノールとは、「りんご」や「ぶどう」などの果物の皮にも含まれているアルコールの一種です。

オクタコサノールは、呼吸によって体内へ取り入れた酸素を、全身へ送り続ける働きがあり、
体力や反射神経の向上、筋肉痛の軽減など、運動機能の向上が期待されています。

小麦胚芽油には微量しか含まれていないため、
サプリメントとして多くのスポーツ選手に愛用されています。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • WEBサイト 若さの秘密 ビタミンE、オクタコサノール
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ