ウォールナッツオイルの効能

クルミの種の中の仁から作られるウォールナッツオイル。
別名をクルミ油とも言われています。

ウォールナッツオイルは、サラダドレッシングの原料としてや、炒め物や揚げ物などの調理用として利用されていますが、主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、ウォールナッツオイルの効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

ウォールナッツオイルには、主にα-リノレン酸やビタミンEを豊富に含んでいます。
これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

認知症やアルツハイマー病の予防

ウォールナッツオイルにはα-リノレン酸などの成分が含まれており、
神経と脳細胞の保護作用があるとされています。

近年の米アンドリューズ大学の研究では、
認知症やアルツハイマー病の予防などに効果が期待できると発表されています。

むくみの予防・改善に

ウォールナッツオイルには、ビタミンEやα-リノレン酸が含まれており、血流の改善に役立ちます。

また、カルシウムや鉄分、カリウムなどのミネラルが含まれていて、
体内の老廃物を排出し、水分バランスを保つ働きがあります。

したがって、むくみ改善の相乗効果が期待できます。

その他、α-リノレン酸は、余分な体脂肪になりにくい油なので、ダイエット時にも適しています。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • アロマセラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典 著 レン・プライス

このページの先頭へ