茶油の効能

茶油は、ツバキ科の山茶の実から作られる油で、 別名を「ティーオイル」とも呼ばれています。

古くから中国では「不老長寿の油」として親しまれてきた植物油ですが、
主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、茶油の効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

茶油には、主にオレイン酸やビタミンEが豊富に含まれています。
これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

オレイン酸が約80%を占めている

茶油は、他の植物油よりもオレイン酸が豊富に含まれており、全体の約80%を占めています。

オレイン酸の効能としては、善玉コレステロールは下げずに、悪玉コレステロールのみを下げる作用があることが有名です。

また、消化吸収がよく、胃にやさしいので、
油を摂ると胃もたれする方や、便秘気味の方に効果が期待できます。

植物油のなかで最も有名な「オリーブオイル」と作用は似ています。

ビタミンEとカテキンによるアンチエイジング

茶油には、他の植物油と比べて、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEには、毛細血管を広げる働きがあり、
血行不良による肩こりや腰痛、冷え性といった症状に効果が期待できます。

また、ビタミンEで最も有名な作用が抗酸化作用(老化防止)です。
ビタミンEは、「若返りのビタミン」とも呼ばれており、体の細胞の老化を防ぐ作用があります。

さらに、茶油には、ポリフェノール類の「カテキン」が含まれています。
カテキンは、お茶を飲んだときに感じる苦味成分です。

このカテキンも抗酸化作用が強く、ビタミンEの80倍と言われています。

ビタミンEとカテキンの相乗効果により、アンチエイジング対策に有効な油です。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ