ヒマワリ油の効能

キク科一年草のヒマワリの種子から摂れるヒマワリ油。

ヒマワリ油は、サラダ油のほか、マーガリンやマヨネーズ、ドレッシングの原料として利用されていますが、主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、紅花油の効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

ヒマワリ油には2種類のタイプがあり、それぞれ成分が異なります。

以前からあるヒマワリ油は、リノール酸が多く含まれていますが、
研究により、過剰摂取はアレルギー症状や心筋梗塞、がんの引き金になるとの報告がなされました。

したがって、現在は、オレイン酸が多くなるように品種改良された、
「ハイオレイックタイプ」のヒマワリ油が多く出回っています。

ハイオレイックタイプのヒマワリ油には、主にビタミンEとオレイン酸を豊富に含んでいます。
これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

アンチエイジング

ヒマワリ油には、ビタミンEが含有量が、他の植物油と比べて多いです。

ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれるだけあって、体や肌の老化を防止する働きがあります。
よって、アンチエイジング対策に効果が期待できます。

ビタミンCが含まれる食材と一緒に摂取すると、より効果的になります。

また、血行を促進させる働きもあるため、冷え性の改善にも有効です。

コレステロールの減少

ハイオレイックタイプのヒマワリ油には、オレイン酸が豊富に含まれています。

オレイン酸は、善玉コレステロールは減らさずに、悪玉コレステロールだけを減らす働きがあり、
動脈硬化や心臓病、高血圧などを予防する働きがあります。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ