パンプキンシードオイルの効能

ハロウィンで利用されている「ペポかぼちゃ」の種子から作られるパンプキンシードオイル。

その栄養素の高さから、上位5位に入る植物油で、サプリメントとしても親しまれていますが、
主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、パンプキンシードオイルの効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

パンプキンシードオイルには、β-カロテン(ビタミンA)やビタミンE、たん白質、亜鉛、直物ステロールなどが含まれています。これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

美肌効果

パンプキンシードオイルに含まれるβ-カロテンは、体内でビタミンAに変えられます。
ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康な状態に保つ働きがあります。

さらに、パンプキンシードオイルには、「若返りのビタミン」と呼ばれているビタミンEをはじめ、
肌の再生に有効な成分が、豊富に含まれています。

これにより、パンプキンシードオイルは、美肌作りの強い味方となります。

泌尿器系の不調に

パンプキンシードオイルは、頻尿や残尿感、尿漏れ、尿失禁といった、
泌尿器系のトラブルの改善に効果があるとして、利用されています。

また、含有成分の亜鉛やビタミン、植物ステロールなどが総合的に作用し、
前立腺を健康な状態に保つのにも有効とされています。

海外ではサプリメントとして活用されています。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • アロマセラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典 著 レン・プライス
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ