ピーカンナッツオイルの効能

クルミ科の常緑高木の果実であるピーカンナッツ。

日本ではあまりメジャーではない食材ですが、アメリカではポピュラーな食材です。あぶり焼きにしたものを食したり、お菓子作りに利用されたりしています。

古くからアメリカ他の先住民は、食用として食していたと言います。

別名をペカンナッツとも呼ばれており、ナッツ類の中でも脂肪分が高いことから、ピーカンナッツの木のことを「バターの木」とも呼ばれています。

そんなピーカンナッツオイルですが、主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、ピーカンナッツオイルの効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

ピーカンナッツオイルの特徴は、オレイン酸が豊富に含まれており、その他にもビタミンEやマグネシウム、カリウム、鉄など、様々な栄養素が含まれているところです。

これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

コレステロール値の減少

ピーカンナッツオイルに含まれている脂肪酸は、約70%がオレイン酸です。

オレイン酸は、血液中の悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や心臓病、高血圧などを予防する働きがあると言われています。

また、胃酸を調整する働きがあり、便秘の改善にも有効とされています。

ビタミンEによる効能

ピーカンナッツオイルには、ビタミンEも豊富に含まれています。

その為、老化防止や血行促進による頭痛や肩こり、冷え性の改善などにも効果が期待できます。

貧血の予防に

ピーカンナッツオイルには、鉄分に加え、ビタミン類やカイウムなどの様々な栄養素が含まれています。

これらの相乗効果により、貧血の予防にも効果が期待できます。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ