ピーナッツオイルの効能

ピーナッツ(落花生)の種子が原料のピーナッツオイル。

ピーナッツオイルは、調理油として多くの料理に利用されていますが、
主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、ピーナッツオイルの効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

ピーナッツオイルには、オレイン酸が全体の約40%含まれています。
オレイン酸がもたらす効能をみていきましょう。

コレステロール値減少

オレイン酸は、善玉コレステロール(HDL)を減らさずに、悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きがあります。コレステロール値が気になる方に。

胃にやさしい

消化によく、胃の調子を整える働きがあり、便秘の予防・改善にも効果が期待できます。

中華料理は、よくピーナッツオイルが使用されていますが、
油による胃もたれを防ぐために、ピーナッツオイルが選ばれているといいます。

注意事項

アレルギー反応を起こす可能性があるため、使用する際には注意が必要です。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • アロマセラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典 著 レン・プライス
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ