グレープシードオイルの効能

グレープシードオイル

ブドウの種子から作られるグレープシードオイル。

グレープシードオイルは、ドレッシングオイルなどを作る際に利用されていますが、
主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、グレープシードオイルの効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

グレープシードオイルには、主にビタミンEとポリフェノールが豊富に含まれています。これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

ビタミンEがもたらすアンチエイジング

グレープシードオイルには、ビタミンEが豊富に含まれています。
その含有量は、なんとオリーブオイルの約2倍です。

ビタミンEと言えば、「若返りのビタミン」と呼ばれており、
体が酸化するのを防ぐ「抗酸化作用」があります。

「体が酸化することを防ぐ」ことは、「体がサビることを防ぐ」ことを意味し、
つまり、「体の老化を防ぐ」ことを意味します。

ビタミンEが酸化を防いでくれる為、
グレープシードオイルには、酸化防止剤などの添加物が含まれてないと言います。

ビタミンEのその他の効能としては、血流を促す作用もあります。

したがって、グレープシードオイルは、アンチエイジング対策に効果的なのです。

美白効果

グレープシードオイルの原料であるブドウの種子には、
プロアントシアニジンというポリフェノールが含まれています。

プロアントシアニジンは、抗酸化作用があるだけでなく、
紫外線によるシミの原因となる「メラニン」の生成を抑える作用があり、
美白効果があるとされています。

このように、グレープシードオイルは、女性にとって嬉しい効能がたくさんあります。

また、ポリフェノールには、活性酸素を除去する働きがあり、
老化を防ぐだけでなく、がんの予防にも役立ちます。

コレストロール0%

グレープシードオイルは、コレステロールが0%のオイルです。
また、質感がサラッとしており、無味無臭です。
したがって、ドレッシング作りや料理に使いやすいオイルです。

以上の特性から、アロマテラピーのマッサージにも利用されています。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ