綿実油の効能

その名の通り、「綿」の種子から繊維とは別に分離された綿実油。
別名を「コットンシードオイル」とも呼ばれています。

綿実油は、加工食品のほか、サラダ油としても利用されていますが、
主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、綿実油の効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

綿実油には、ビタミンE、β-シトステロール、オクタコサノールなどの成分が含まれています。これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

動脈硬化の予防

綿実油には、植物ステロールの1種である「β-シトステロール」という成分が含まれています。

β-シトステロールの主な作用としては、
悪玉コレステロールの数値を減少させる働きがあるとされています。

また、綿実油にはビタミンEが含まれており、善玉コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。

これらにより、動脈硬化などの病気の予防に役立つとされています。

ビタミンE

他の植物油にも多く含まれているビタミンEが、綿実油にも含まれています。

これにより、先ほど述べた動脈硬化の予防のほか、
強力な抗酸化作用による、細胞の老化防止に役立つとされています。

また、 血行不良による頭痛や肩こり、腰痛、冷え性の改善にも効果が期待できます。

運動機能の向上

綿実油には、オクタコサノールという成分が含まれています。
オクタコサノールとは、「りんご」や「ぶどう」などの果物の皮にも含まれているアルコールの一種です。

オクタコサノールは、呼吸によって体内へ取り入れた酸素を、
無駄なく全身の筋肉へ送り続ける働きがあります。

これにより、 体力や反射神経の向上、筋肉痛の軽減など、運動機能の向上が期待されています。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • WEBサイト 若さの秘密 ビタミンE、オクタコサノール
  • 栄養を知る事典~栄養素や体のしくみを知って健康になる~ 監修 工藤秀樹、菊池桂子

このページの先頭へ