ココナッツオイルの効能

ココナッツオイルは、ココナッツの種子の中にある「核果」の中の「乳胚」から作られているオイルです。

ハワイなどの南国でよく利用されている植物油ですが、主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、ココナッツオイルの効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

ココナッツオイルの特徴は、中鎖脂肪酸が約60%と豊富に含まれているところです。

この成分がもたらす効能をみていきましょう。

ダイエット中の油として

中鎖脂肪酸は、他の植物油に含まれている「オレイン酸」や「リノール酸」と同じ脂肪酸の仲間です。

特徴としては、消化・吸収されやすく、エネルギーになりやすいです。その為、体内に脂肪が蓄積されにくく、ダイエット中に摂取する油として向いています。

現代では、栄養補給や生活習慣病の予防など、様々な分野で活用されています。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文

このページの先頭へ