アボカドオイルの効能

アボカドの果実を原料とするアボカドオイル。
栄養素が豊富に含まれていることから「森のバター」とも言われています。

アボカドオイルは発煙温度が高く、揚げ物などの調理に利用されていますが、
主にどのような効能があるのでしょうか?

このページでは、アボカドオイルの効能についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

特徴

アボカドオイルの特徴は、オレイン酸やビタミン類、β-カロテン、たんぱく質、レシチン、ミネラル、ペクチンなどが豊富に含まれており、栄養価が高いところです。

これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

動脈硬化の予防に

アボカドオイルには、オレイン酸が約60%以上と豊富に含まれて居ます。

その為、血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあり、また、ビタミンEも含まれている為、血液をサラサラにして、動脈硬化の予防にも役立つとされています。

アンチエイジングに

アボカドオイルには、「若返りのビタミン」と呼ばれているビタミンEが、オリーブオイルの2倍も含まれて居ます。

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、肌のシワの改善や老化防止に役立つとされています。

また、毛細血管を広げる働きがあり、血行不良からくる肩こりや腰痛、冷え性にも有効です。

免疫力の向上に

アボカドオイルには、ビタミンB群やβ-カロテンが含まれており、ウイルスやストレスなどの抵抗力を高める働きがあるとされています。

風邪の予防などに役立ちます。

消化にやさしい

アボカドオイルは、消化にやさしいオイルです。

その為、胃の不調や便秘のときでも摂取しやすいオイルです。

スポンサードリンク

参考文献

  • 植物油の事典~料理に、美容に、植物油を楽しむ~ 監修 山田豊文
  • 栄養を知る事典 監修 工藤秀樹、蒲池桂子

このページの先頭へ